「家康くん」J-CASTに来社、浜松市制100周年をPR

印刷
「ぜひ遊びに来てほしいのじゃ!」
「ぜひ遊びに来てほしいのじゃ!」

   静岡県浜松市が2011年、市制100周年を迎えることをPRするため、マスコットキャラクターの「出世大名 家康くん」が6月23日、東京・千代田区のJ-CASTニュース編集部を訪れた。

   「家康くん」は壮年期を浜松で過ごした徳川家康をモデルに、ちょんまげには「うなぎ」、着物には「三ヶ日みかん」、袴には「ピアノ」の柄と、浜松の名産品を集めたキャラクター。デザインは全国からの公募で決定されたもので、子どもからお年寄りまで「かわいい」と大人気だ。

   浜松市では今年度、年間を通してさまざまなイベントを開催する。市民が中心になって行う「100夢プロジェクト」には、浜松の人々になじみ深い音楽関連イベントを始め、スポーツ、演劇など150もの企画が集まった。

   家康くんは取材に対し、

「浜松市は7月1日に市制100周年を迎えるのじゃ。うなぎ、ギョーザ、みかんがおいしいぞよ。浜名湖の温泉も最高じゃ。浜松は日本一いいところじゃ、ぜひ遊びに来てほしいのじゃ」

と、浜松の魅力をアピールした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中