「ドラえもん」で学ぶ、地震のメカニズム

印刷
親子で、一緒に読んでほしい
親子で、一緒に読んでほしい

   小学館は、子ども向けの地震の本「親子で読もう!ドラえもんの地震はなぜ起こる どう身を守る」を2011年6月23日に発売した。

   地震のメカニズムのほか、地震や津波などの災害時に子どもたちが自分で身を守る行動をとれるよう、「ドラえもん」の漫画で分かりやすくまとめている。

   また、書籍の後半には親向けの記事として「子どもを災害から守る16か条」を収録し、自宅や外出先、日ごろの防災準備などの方法について紹介している。

   監修は、危機管理アドバイザーの国崎信江氏。

   A5判、96ページで840円。緊急時に家族同士で連絡が取り合える、「サバイバルカード」付きだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中