2018年 5月 25日 (金)

「ロボットデザイナー」から生まれたモバイルスピーカー

印刷
  シンプルなデザインです
シンプルなデザインです

   コクヨS&Tは2011年7月10日、オリジナルブランド「trystrams(トライストラムス)」から、ロボットデザイナー・松井龍哉さんのデザインを取り入れた「ポータブルアクティブスピーカー<X-ViZ(クロスヴィズ)>」を発売する。

   ノートパソコンやスマートフォンなどと接続して使うモバイルスピーカーで、携帯性に優れたスリムなフォルムが特長だ。オーディオテクニカ社との共同開発によって目指したのは高音質。伸びのある低音を生むバスレフポート(スピーカーユニット後面から発生する音の低音域を増幅する方式)を搭載しており、最大出力1200mW(600+600mW)のアンプも内蔵。小さいボディーながらもクリアなサウンドを表現した。

   プラグの抜き差しで電源のONとOFFを切り替えられるプラグイン連動型。スイッチ部品などを省いたシンプルなデザインで、カラーはホワイトとブラックの2色。価格は6300円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中