香山リカが説く「混迷社会の生き方」

印刷
『<不安な時代>の精神病理』
『<不安な時代>の精神病理』

   精神科医・香山リカさんが、混迷する社会をどう生きるべきか提言した『<不安な時代>の精神病理』(講談社現代新書、2011年4月15日発売)が話題だ。

   3月11日、未曾有の大震災が発生した。多くの人々の命が奪われ、幾つもの街が消えてしまったこんなときだからこそ、これからこの日本という国がどうなるのかではなく、これまで「どうだったのか」を考えるべきだと香山さんは言う。

   支え合う心の大切さ、守るべき命の尊さを共有しながら、日本が"国家的うつ状態"からどのように立ち直ればよく、また、できることは何なのかを、精神科医ならではの論理で説く。

   新書、208ページ。定価777円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中