2018年 7月 18日 (水)

ライブドアが「ロケタッチ実験室」開設

印刷
「ロケタッチ実験室」
「ロケタッチ実験室」

   ライブドア運営の位置情報共有サービス「ロケタッチ」は、サイト内に開発者向けサイト「ロケタッチ実験室」を開設し、「ロケタッチ」をプラットフォームとするアプリケーション開発が可能なAPIを、2011年6月23日から公開している。

   ユーザーデータ、スポットデータ、チェックイン(タッチ)データなどの参照から、スポットへのタッチ、ノートの更新まで、ロケタッチの持つ機能をほぼ網羅したもので、ユーザー認証部分は最新のOAuth2の仕様に準拠していて、サードパーティーのアプリ開発者、ユーザーも安心してサービスを提供、利用することが可能だ。

   認証を含むアプリケーションの公開にあたっては所定のフォームからデベロッパー登録が必要。6月中を登録受付期間とし、7月から順次サービスの公開が可能になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中