瞬間、「ゾクっときちゃう」って 氷ジョッキで飲む極冷ビール

印刷

   もしもビールジョッキが氷だったら――。いかにもありそうでなかったアイデアを実現した商品が登場し、この夏、話題を集めそうだ。

   EHARA(東京・墨田区)が販売しているユニーク商品「これぞ本物 氷のビールジョッキ」(1344円)は、文字通り、グラス自体が氷でできたビールジョッキ。グラスの形をした製氷容器に水を入れて凍らせ、専用の取っ手をつけて完成する。これでビールを飲めば、キンキンに冷えたビールを、最高ののどごしで飲めるというわけだ。

猛暑続きでひらめいた

もちろんビール以外を注いでもOK!
もちろんビール以外を注いでもOK!

   このアイデアを思いついたのがEHARAで商品開発を手がけている、梶田政彦さん。実は梶田さん、以前には犬語の翻訳機「バウリンガル」などのヒット玩具を手がけたことでも知られるヒットメーカーだ。

   ありそうでなかった氷のジョッキの発想は「去年猛暑が続いたときにひらめきました。おいしいビールを、よりいっそうおいしく飲みたかったということもあります」と言う。開発の期間はおよそ1年間。試作品ができた時は「ビールを飲んだ瞬間、ゾクっときました。それから、ビールのあとにウイスキーを飲んだときのうまさときたら、最高でした」と振り返る。

品薄も7月中旬までには入荷予定

   氷の作り方にはちょっとしたコツがある。梶田さんによると、透明な氷を作るには、一度沸かした湯を冷まさした水を使い、ゆっくりと時間をかけるとよい。また、凍らせた容器からグラス型の氷がはがれにくい時は、15分ほど外に出したままにして少し溶かしてからの方が、グラス型の氷の形が保たれるそうだ。

   商品は、ドン・キホーテや東急ハンズ、ロフトなどで販売中。店によっては品薄状態のところもあるが、7月中旬までには入荷する予定だという。発売後、メディアでも取り上げられ、九州の居酒屋チェーンからは「使ってみたい」と問い合わせもきているとか。氷のジョッキで、暑い夏を乗り越えてみてはいかが?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中