1日200本以上の売り上げ 携帯できるカツカレー

印刷
カツカレーが手軽に楽しめる
カツカレーが手軽に楽しめる

   どうきゆう(札幌市)はTURBONIK TOKYO(東京・渋谷区)が運営する神奈川県逗子海岸の砂浜の上のバスケットコート「DUNKSHOT@CAFE」で2011年7月1日から「カツカレー棒」の販売を開始した。価格は1本500円。

   札幌発の「カツカレー棒」とはカレーライスを豚のヒレ肉で巻いて揚げたもの。そのユニークさからTVでも何度か取り上げられるなど、1日200本以上も売れる人気商品だ。

   カレーライスのルーには数種類のスパイスをブレンドし、柔らかく脂の少ない豚ヒレ肉、特製のパン粉を使用するなど、小さくてもこだわり満載の一品となっている。

   ワンハンドで食べられるので海辺での軽食にぴったり。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中