2018年 7月 21日 (土)

メンテナンスが面倒な人に、インク詰まりが起こらない万年筆

印刷
ブラック イン ブラック
ブラック イン ブラック

   プラチナ万年筆は、新モデル「#3776 センチュリー」を、平成23年9月1日から販売する。

   万年筆の最大の弱点である長期放置によるインク詰まりを解消するキャップ「スリップシール機構」を搭載。インクの水分蒸発を限りなく抑えられるため、キャップをしっかり閉じるだけで、1年間以上メンテナンスをしなくても、常に新鮮なインクの状態で書くことができる。

   プラチナ万年筆は、次世代の高性能万年筆として位置づける当商品に33年分の情報と技術を注ぎ込んでおり、史上最高傑作の1本だという。

   価格は1万500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中