日清食品「カップヌードルごはん」 7月25日から全国発売

印刷
日清食品「カップヌードルごはん」
日清食品「カップヌードルごはん」

   日清食品は2011年7月25日から、昨年8月に近畿地区限定で発売されるや一時販売休止にもなった商品「カップヌードルごはん」を全国で発売する。価格は250円。

   「カップヌードルごはん」は、「カップヌードル」の味を「ごはん」で再現したもので、電子レンジを使ってスープとともに炊いて調理する。スープの味だけでなく、めんの味やフライした風味を取り入れ、ローストしょうゆとペッパーがアクセントとなっている。具にはコロ・チャー (角切りチャーシュー)、たまご、エビ、ねぎがのる。500Wなら約5分30秒、600Wなら約4分30秒で出来上がりだ。

   開発の背景としては、単身世帯を中心に電気ポットの使用が減る一方で、電子レンジは世帯普及率が9割を超える状況があった。日清食品は2008年から、「ニッチン」という名称で「日清のチンするレンジシリーズ」を展開するなど電子レンジ対応商品を売り出していて、2009年3月に発売したインスタントごはん「日清GoFan」では、一度炊きあげた米を高温高速の熱風で膨化乾燥させる「パフライス技術」により、米一粒ひとつぶの立ったコシのある食感を実現している。「カップヌードルごはん」にもこの技術を使用した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中