2018年 7月 22日 (日)

【ご当地グルメ食べまくり】「ビールに合う」はずが… 仙台のスモーク牛タン

印刷
1枚1枚が大きく、肉厚
1枚1枚が大きく、肉厚

   東京・池袋駅西口からサンシャイン60に向かう大通りに、「宮城ふるさとプラザ」がある。入り口が小さく、奥ゆかしい感じなのだが、店内には宮城県の特産品が所狭しと並ぶ。そのさらに奥まったところに店を構えるのが、「伊達の牛たん」のイートインだ。仙台が発祥の地とされる牛タン焼き、牛タン料理の専門店で、ご当地・仙台でレストランを10店舗展開するほかは、ここにしかない。ランチの牛タン定食はとくに評判で、行列ができるという。もっとも、座席の数はそう多くはなさそうだが。

   持ち帰りの各種牛タン商品も店頭で販売しており、そこで目にとまった「牛たんいぶり胡椒(こしょう)香味」(スライス)180gを購入してみた。スモークした牛タンに、黒胡椒をピリッと効かせた一品だという。「ビールによく合う」との惹句(じゃっく)が一番の決め手に。6月の蒸し暑い日で、気温は30度に上昇していた。頭の中は「ビールとおいしいつまみ」という考えに占領されてしまったのだ。

   お値段は1575円。ビールのおつまみとしては少しお高め。これで外れだったらどうしよう――と不安も感じつつ、紙の包みをほどく。12枚のスライスがきれいに並んでパックされていた。なお、この商品は冷凍状態で販売されている。解凍は常温で1~2時間といったところ。

   スライスを取り出してみると、1枚1枚が思ったよりも大きく、肉厚だ。口当たりはしっとりとして柔らかい半面、ほどよい歯ごたえがあり、味わいは豊かで楽しい。ハムやサラミに似ていて、でもちょっと違うスモーキーな牛タン独特のうまみが広がり、あとから胡椒が次第に効いてくる。ビールに合うという看板に偽りないどころか、ビールを飲むのも忘れてどんどん平らげてしまう、そんなクセになる逸品だった。


商品名:牛たんいぶり

メーカー:伊達の牛たん本舗

サイズ:180グラム

価格:1575円

※「牛たんいぶり」は伊達の牛たんのオンラインショップでも販売されている

http://www.dategyu.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中