Android3.1搭載、パワーアップした「レグザタブレット」

印刷
「レグザ」ならではの美しさ
「レグザ」ならではの美しさ

   東芝では、「Android3.1」を搭載したタブレット端末「レグザタブレット AT300/24C」を、2011年7月下旬に発売する。

   6月27日発売予定の「レグザタブレット AT300/23C」をベースに、プラットフォームをアップグレードするなどの改良を加えたもの。「23C」については、少数の生産で販売を終了する。

   「24C」ではAndroid3.1を搭載したことにより、ホーム画面などインターフェースのカスタマイズ性が向上。またUSBコネクタやBluetoothなどを通じ、キーボードやマウス、ゲームコントローラなどさまざまな周辺機器を接続できるようになり、拡張性がさらに高まった。

   また「23C」同様、液晶テレビ「レグザ」の技術を元にした映像高画質化機能などにより、屋外でも鮮やかな映像を楽しめる。「レグザAppsコレクト」機能による東芝製品との連携も特長で、「レグザ」や「レグザブルーレイ」といった機器をタブレット端末から操作可能。東芝が運営する「ブックプレイス」からは、気軽に電子書籍コンテンツを購入できる。

   オープン価格で、実売価格は5万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中