イケア、京都・東寺で「3畳」を彩る

印刷
(C)hirose photo office/SEBUN PHOTO /amanaimages
(C)hirose photo office/SEBUN PHOTO /amanaimages

   イケア・ジャパンは、「ちょっと変えれば、もっと楽しい-3畳エキシビション」を真言宗総本山 東寺 教王護国寺にて2011年7月28日から8月3日まで開催する。

   日本進出5年目を迎える今年、イケアが日本市場に存在する意義などを振り返る中で、あらためて「家での暮らしの大切さ」を提唱するとともに、3畳の空間を使い、少し視点を変えることで、さらに楽しい生活をおくれることを啓蒙するという。

   床面積3畳の立方体を約15個用意し、日々の住まい方や楽しみ方、暮し方の可能性などを紹介するためにリビングスペース、ベッドスペース、子ども部屋、書斎などを立方体の中に作りこんでいく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中