ギャルの心つかむメール術 絵文字、顔文字は超重要!

印刷

   皆さん、初めまして!

   今回からギャルウォッチでコラムを書かせて頂くことになりました、GRP編集部のひろぽんです。ギャルのトレンドや知られざるギャルの特性などをお届けし、皆さんに更にギャルについて知って頂けるようなコラムを精一杯書かせて頂きたく思いますので、宜しくお願い致します。

メールの送信数、1日平均40通~60通

返事は早くほしい
返事は早くほしい

   さてさて。先月のギャルウォッチでは、「脈アリだと思う男性の行動は?」という質問に対し、『よくメールをしてくる』と答えたギャルが多かったということをお話しさせて頂きました。

   このような結果から現代ギャル達にとって、「メール」は男性と連絡を取る手段として最も欠かせないツールとなっています。

   しかし、男性の中には『メールを打つのが面倒臭い…』『何を打てば良いのか分からない』と苦手意識を持った人も多いのではないでしょうか。

   そこで今回は、ギャル達が男性からどのようなメールを受け取ると、ギャル的好感度アップへと繋がるのかを調べてみました。

   まず、GRPにてギャル達がメールする、1日の送受信数についての調査した結果はこんな感じ。

送信数は=平均40通~60通
受信数は=平均70通~100通

   数字を見て頂くと分かるように、ギャル達は頻繁にメールのやり取りをしているようです。

   ちなみに、私の周りの20代前半の女性達は多くても、1日当たりの平均が送受信あわせて20通前後なので、それらを考えるとギャル達は円滑にメールでのコミュニケーションをしているようことが分かると思います。

メールは「感情を表す絵文字」を使って「短文」で

   では、そんなメールコミュニケーションが盛んなギャル達は、男性からどのようなメールを欲しているのか調査を行うと、このような意見が返ってきました。

ギャルA『絵文字や顔文字は絶対重要!相手の感情も絵文字で伝わってくるしね!』
ギャルB『そうそう!点と丸だけの文章って怒っているみたいだしね』
ギャルA『あと、長文なメールはNGっしょ~!』
ギャルB『間違いない!長文よりも短文で早く返事欲しいよね』

   ギャル達にとっての惹かれるメールのキーワードは、「感情を表す絵文字」と「短文」が重要であることが分かりました。

   では、なぜギャル達は「感情を表す絵文字」と「短文」のメールに惹かれるのでしょうか?

   まず、「感情を表す絵文字」を重要視する理由は、ギャル達にとって「メール」は日々の生活に欠かすことの出来ないコミュニケーションツールとなっていることはもちろんですが、彼女達は「メール」でも人一倍こだわりを持っていることが関係していると思います。

   デコレーションメール・テンプレート・斜線・文字色・写真など、絵文字や顔文字を使って携帯の向こうに居る見えない相手に「ブログ感覚」で感情を伝えたいと思うからこそ、「感情を表す絵文字」を必須だと思うのでしょう。

レスポンスが早いことが重要

   次に「短文」ですが、ギャル達は「ブログ」と同様に相手のレスポンスを気にする傾向にあります。ブログもそうですが、読者からのコメントがあるととても嬉しく思うからこそ、「短文」で、尚且つレスポンスが早いことが重要なのでしょう。

   一見、『メールを送り過ぎると迷惑かな』と思ってしまう男性も多いかもしれませんが、ギャル達は普段からブログやSNSなどの携帯サイトを頻繁に利用しているので、メールのやり取りは、負担に思わない傾向が強いようです。

   『何を送ったらいいのか分からない…』とメール苦手意識を持った男性陣は、デコメや写メなどを駆使し、短文のメールを送ってみてはいかがでしょうか。

   メールで回数を交わせるだけではなく、愛情も交わせることに繋がるかもしれません。

GRP編集部 ひろぽん

【GRP】 GRPとは、「ギャル・リサーチ・プレス」の略で、「ギャル診断テスト」を受け、合格した正真正銘のギャル限定の会員で行われるリサーチ&ランキングからなるエンタメサイト。平均17.2歳、全国各地のギャルたちからアンケートを収集し、そのデータをもとにランキング形式で公開している。流行に敏感で、流行を作り出す「ギャル」オンリーのリサーチ情報なので、通常のランキングとはひと味違う近未来予測的なものとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中