どうなってるの!? 江戸の街並みで妖怪たちとトリックアート

印刷
こちら、忍者屋敷エリア
こちら、忍者屋敷エリア

   東京・お台場の商業施設「デックス東京ビーチ」は、「江戸」をテーマにしたトリックアートミュージアム「東京トリックアート迷宮館」を2011年7月16日にオープンした。

   目の錯覚で不思議な感覚を味わえるトリックアートのミュージアムで、45作品を4つのゾーンに分けて展示する。江戸の町並みを忠実に再現した「江戸」、江戸時代のお化けや妖怪と遊べる「怖くないお化け屋敷」、全国18か所の常設ミュージアムの代表作品などを展示する「名作ギャラリー」、そして「脳トレコーナー」では作品を見るのはもちろん、作品に触れたり自由に撮影したりと「体験」しながら楽しむことが可能だ。さらに、物販コーナーも用意して、隠し絵ポストカードやトリックアートトランプなどを販売する。

   入場料は大人(高校生以上)が900円、小人(中学生以下)が600円、3歳以下は無料だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中