「はやぶさ」銀座を走る

印刷
夏休みの祭典
夏休みの祭典

   松屋銀座は「第33回 鉄道模型ショウ2011」を2011年7月20日から7月25日まで開催する。

   全長40メートルの大ジオラマレイアウトの中を「DCC(デジタル・コマンド・コントロール)」やCCCカメラを搭載した「レールスコープ」などのNケージ鉄道模型が走る。2011年3月にデビューした東北新幹線の車両「はやぶさ」の鉄道模型も走る予定だ。出展メーカーは、カトー、トミーテック、をはじめ、グリーンマックス、ディディエフ、モデモ、マイクロエース、河合商会の国内主要Nゲージ鉄道メーカー7社。各模型メーカーから人気車両を厳選して制作したオリジナルトレーディングカードが毎日先着で500人もらえる。

   入場料は、一般700円、高・大生500円、小・中学生300円(小学生)未満は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中