2018年 7月 18日 (水)

ポカリ飲むシーン「風邪」がトップ 熱中症対策にも

印刷
ポカリスエット公式facebookページ トップ画面
ポカリスエット公式facebookページ トップ画面

   大塚製薬は、2011年7月1日に開設した清涼飲料水「ポカリスエット(以下ポカリ)」の公式facebookページ上で、自分の水分補給の充実レベル「IQ(Ion Quality)」を診断できるアプリ「ポカリIQチェック」を公開している。それに伴い、同社は7月1日から14日までの2週間に「ポカリIQチェック」に参加したユーザー約4万4000人の診断結果をまとめた。

   その結果、対象者の半数以上が1日1.5リットル以上の水分を補給していることが分かり、1日に水分補給を7回以上する人は全体の約6割に上った。また、「ポカリを飲むタイミング」を尋ねると(複数回答)、「入浴後」が約2万2600票でトップとなり、次いで「お酒のあとに」も約1万5300票を得た。さらに、ポカリを飲むシーンに対する自由回答では、「風邪」のキーワードが最も多く(約8600回)、「スポーツ」「水分」と続いた。その他にも「熱」「体調」「病気」「熱中症」「症状」といった健康に関するキーワードも複数上がっており、猛暑が続く中で、熱中症対策としてポカリを飲む人も多いようだ。

   ちなみに「ポカリIQチェック」は、1日の水分摂取量や摂取回数など5つの質問に答えると、水分補給の充実レベル「IQ(Ion Quality)」が測定できるサービス。「IQ(Ion Quality)」に応じて6つのタイプ(「オアシス」「アマゾン」「地中海」「草原」「サバンナ」「砂漠」)に分類され、それぞれに適切なアドバイスが受けられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中