「ムーミン切手」も一杯、10年ぶりに日本で国際切手展

印刷
ファンにはたまらない
ファンにはたまらない

   2011年7月28日から8月2日までパシフィコ横浜で「日本国際切手展2011」が開催される。国際切手展が日本で開催されるのは10年ぶりで、世界90カ国を超える海外郵政や海外の切手業者が参加する。中でもフィンランド郵政は、「ムーミンポスト・オフィス」を特別出店し、ムーミン切手・関連商品を販売。さらに、ムーミンとミイの来日も決定しているという。

   これを受けて、郵趣サービス社は、フィンランドでこれまでに発行されたさまざまなムーミン切手の販売を開始した。取り扱うのは以下の6点。荷造送料別途。

2011年発行ムーミン切手帳(1300円)
2009年発行ムーミン切手帳(1800円)
2007年発行ムーミン切手帳(1500円)
2003年発行ムーミン切手帳(2200円)
2000年発行ムーミン切手帳(1900円)
1998年発行ムーミン切手帳(1700円)

   今年、5月6日に発行された2011年版は、1952年に発表された仕掛け絵本「それからどうなるの?」から6つの図案を収めた。原作の雰囲気を生かしたシリーズ初の「変形切手」になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中