異例、売り上げ2000個以上 今夏のヒット商品「虫ハンター」

印刷

   PC周辺機器などを扱うセンチュリー(東京・台東区)が、おもしろ雑貨などを扱う自社ECサイト「白箱.com」で売り出した、ユニークな虫取りグッズ「虫ハンター」が大人気だ。2011年6月16日の発売日から一時は品薄状態になるなど、1か月経たないうちに異例の2000個以上を売り上げたという。

スイスで見つけました!

狙った獲物は逃さない!
狙った獲物は逃さない!

   その商品「虫ハンター」は、写真のように、見た目はまるでショットガンのような形をしている。銃身を一度引っ張ると、銃の内部に空気が圧縮されセットは完了。ターゲットに狙いを定めて、トリガーを引けば、空気圧で虫を吸引する仕掛けだ。キャッチした虫はカートリッジの中におさめられ、付属の拡大レンズを使えば、捕まえた虫を子細に調べることだってできる。価格は2980円。

   それにしても、なぜ、このようなユニークな商品を売り出すことになったか――。企画営業広報室の平田圭一さんは、次のように話す。

「夏と言えば虫。というわけで、虫に関わるユニークグッズを探していたんです。これまでも害虫駆除のグッズはありましたが、面白いものは全然ありません。何か楽しんで虫を採集できるようなものはないかと探していたら、見つけました。『虫ハンター』はスイスのメーカーのものなんですよ」

購入者は意外にも女性が多い

   発売から1か月経たないうちに、「虫ハンター」は2000個以上を売り上げ、ヒット商品に躍り出た。7月上旬ごろには一時的に品薄状態だったこともあり、平田さんは「1つのショップでこの数は、弊社としても、またECサイトとしても異例中の異例では」と驚きを隠せない。

   購入者は意外にも女性が多く、母親が子どもに買い与えているようだ。「ひとりで4~5個買われる方もいます。近所の子どもや兄弟で集まって遊んでいるのかもしれませんね」と平田さんは話している。少年たちはこの夏、「虫ハンター」をかついで虫探しの旅に出て、少年の日の思い出を作ってみてはいかが?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中