給電スイッチングハブ、省電力を実現

印刷
節電機能も!
節電機能も!

   パナソニック電工ネットワークスは、給電スイッチングハブ「Switch-M24GPWR+」を2011年9月1日に発売する。

   全ポートがギガビット(1000Mbps)に対応するとともに、省エネ法の「トップランナー基準」をクリアする低消費電力化を実現。ポート毎のPoE給電容量が従来の約2倍の30Wまで対応しているので、高速化により消費電力が高くなっている無線LAN用アクセスポイントや高機能なネットワークカメラなど、さまざまな機器でのネットワークの構築に適している。

   価格は27万900円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中