髪やファッション、化粧とも連動 「だてめ」盛り戦術6パターン

印刷

   以前からギャルの中で盛りアイテムとして定番のアイテムである、だて眼鏡、略して「だてめ」。

   GRPで行った「盛るために使うファッションアイテム」についての調査でも、1位:だて眼鏡 2位:帽子 3位:リボン となり、昨年大流行した「リボン」を上回り、「だてめ」を盛りアイテムの定番としてチョイスしていることが分かりました。

   では、そんな盛りアイテム「だてめ」をギャルたちは、はどのように使いこなしているのでしょうか。

反射しないように、レンズなしがテッパン!

こんな感じに!
こんな感じに!

   調査を行なうと、ただ、「だてめ」をかけるのではなく、鼻めがね風スタイルにしたり、髪の毛をINやOUTにするなどなど、独自の使いこなし方をしていることが分かりました。

   今回はそんな「だてめ」にスポットを当てた、ギャル的「だてめ」盛り戦術6パターンをお送りします。

1:レンズは必ず外す、レンズなしがテッパン!
   ギャルにとっては既に常識となっていますが、レンズは必ず外すか、もしくは最初から外してあるのを選ぶのが基本。まつげがレンズに当たらないようにする為、また、プリクラを撮った際に光で反射しないようにする為に、レンズなしにするのが定番のようです。
2:だてめはアクセ感覚でファッションに応じてコーディネート!
   ギャルにとって、だてめはファッションの一部! 渋原コーデには、逆おむすび形のボストン型フレーム、モード系コーデには、真ん丸い形の丸型フレームなど、コーディネートに応じて選ぶことでファッションの幅も広がります。
3:顔のサイズと不釣り合いな大きめサイズのフレームをチョイス!
   約6年前に倖田來未さんがPVでしていた、細いフレームがギャルの間でブームとなりましたが、現代ギャルは大きいフレームがテッパン。大きいフレームのだてめをすることで、小顔効果を狙えるのが理由の秘密のようです。

ズラしてかける鼻めがね風で、上目遣い

4:だてめに負けないぐらい、化粧は2倍増し!
   大きいフレームをすることで小顔効果を狙えますが、その分、フレームが目立ち、目が小さくなってしまうのが難点。ギャルにとって目力は欠かせない項目なこともあり、だてめに負けないぐらい、つけまやシャドーを2倍増しするのが主流です。
5:少し、下にズラしてかける鼻めがね風スタイルがモットー!
   最近では、安定やズレないめがねを良く目にしますが、ギャル達はあえて、下へズラしてかけることを好みます。このような下へズラす鼻めがね風にすることで、上目遣いが出来る「だてめスタイル」になれるようです。
6:両サイドのつる部分に髪の毛をIN!ハットを被る時はOUT!
   1~5が出来たら、次に重要なのが左右の髪の毛! この髪をだてめのサイドのつる部分に入れ、顔に髪を付けるスタイルにすると、メイクで言うシェーディング的な要素へ繋がります!(写真参照) 逆にハットをかぶる時は、つる部分の髪の毛は入れずOUTにするなどコーデによって使い方を分けるだけで、だてめの存在感もアピール出来、一石二鳥!

   このようにギャルにとって、だてめは小顔効果やコーディネートの一部、シェーディングが出来る盛りアイテムとして愛されているようです。

   めがね一つで印象は驚くほど変わるもの。

   ギャルにとって、だてめはもはや日によって使い分ける、アクセサリー的感であると言ってもいいでしょう。もちろん、TPOに応じて使い分けることも必要かもしれませんが…。

GRP編集長・まぁ~さ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中