「モーガン・フィッシャー」の展示会、原宿で

印刷
写真は、モーガン・フィッシャー氏
写真は、モーガン・フィッシャー氏

   イベントギャラリー「VACANT」(東京・渋谷区)は、モーガン・フィッシャー氏の展覧会「Morganic(モーガニック)展」を2011年9月2日から9月11日まで開催する。

   フィッシャー氏は70年代に、デヴィッド・ボウイプロデュースのロックバンド「Mott The Hoople」にキーボード奏者として参加したのち、85年から日本在住。現在はライトペインター&サウンドペインターとしても活躍している。

   会場では、写真アート作品「ライトペインティング」を展示するほか、コレクションのキーボードを使ったデモンストレーションやライブ、ラジオDJのピーター・バラカン氏を司会に迎えたトークショーなどを連日開催する。

   入場料は、500円(ライブ、トークショーは2000円)。また同イベントの売り上げの一部は東日本大震災の義援金として寄付される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中