マツダ「アクセラ」にスカイアクティブ テクノロジー搭載 国内仕様車を今秋販売へ

印刷
「マツダ アクセラ」(写真は北米仕様車)
「マツダ アクセラ」(写真は北米仕様車)

   マツダは2011年8月8日、防府工場(山口・防府市)で、新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を搭載した「マツダ アクセラ」(国内仕様車)のマイナーチェンジ車の生産をはじめた。

   「アクセラ」には、新開発の2.0リットル直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、手動変速機のようにすべりを感じさせないダイレクト感のある新型6速自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を搭載した。これらの組み合わせで、走行性能と燃費性能を大幅に「進化」したという。今秋の販売開始を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中