故・梨元勝夫人と長女が回想「父は真実を伝えたいだけだった」

印刷
『愛という名のスクープ』
『愛という名のスクープ』

   2010年8月に肺がんで亡くなった芸能リポーター・梨元勝さん(享年65)の玲子夫人が著した新刊『愛という名のスクープ』が、講談社から2011年8月10日に発売された。定価1470円。

   芸能界という特殊な世界で、ワイドショーを舞台に突撃レポーターとして獅子奮迅の活躍をしてきた梨元さんの30年を振り返るとともに、芸能レポーターの家族として受けたさまざまな思いを、玲子夫人が率直に記した。

   玲子夫人はJ-CAST NEWSが提供する2011年8月5日放送の動画番組「J-CAST THE FRIDAY」(ユーストリーム〈アーカイブあり〉

   http://www.ustream.tv/channel/j-cast-the-friday、ニコニコ生放送http://ch.nicovideo.jp/channel/j-cast-the-friday)に、長女・麻里奈さんとともに生出演。大手芸能事務所所属タレントをめぐる扱いでテレビ局と考えが合わず、苦労した様子や、梨元さんががん宣告を受けてから大きく変わった長女・麻里奈さんのこと、さらには、夫婦の馴れ初めなどについても明かしている。麻里奈さんは「父は真実を伝えたいという思いを貫いた。それは凄いことだと思う」と晴れ晴れとした表情で語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中