2018年 7月 22日 (日)

「タネナシ」がもうすぐ3児のパパ ダイヤモンド☆ユカイの「奇跡」

印刷
『タネナシ。』
『タネナシ。』

   ロックミュージシャンのダイヤモンド☆ユカイさんは2011年6月19日のブログで、自身が無精子症で不妊治療をしてきたことを告白し、大きな話題を呼んだ。そんなユカイさんが、これまでの苦しい胸の内を綴った新刊本『タネナシ。』(講談社、2011年7月22日発売)が話題を呼んでいる。

「おれの歌を聴いて濡れない女なんかいなかった。毎日とっかえひっかえ違う女を抱いてきた。ロックシンガーのおれを放っておく女がいなかったんだから、しょうがないよな」

   そう振り返るユカイさんの、最初の結婚は4年で幕を引く。やがて再婚するが、子供がなかなかできない。調べてみると、自身の無精子症が判明した。その後は、離婚の危機もあったが乗り越えて、対外受精で女の子を授かる。そして、2011年11月には「ふたご」が生まれることも分かった。

   破天荒に生きてきた男が初めて知る「真実の愛」。ユカイさんは、あとがきにこう記した。

「種なしの俺の子供を産んでくれた妻。うまいことばが見つからないけれど…ともに長生きしようぜ!」

   単行本(ソフトカバー)、176ページ。定価1470円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中