7月のタブレット端末機種別販売数量シェア、「ICONIA TAB A500」がiPad2上回りトップに

印刷
「ICONIA TAB A500」
「ICONIA TAB A500」

   日本エイサーは、同社が販売するAndroid搭載タブレット「ICONIA TAB A500」が2011年7月1日の発売以来、7月のBCNランキング「タブレット端末(スレート[iPad含む])製品別売り上げにおいて、マーケットシェア16.2%を獲得し、1位になったと8月10日に発表した。

   また、Android端末での製品別売り上げにおても、「ICONIA TAB A500」がマーケットシェア54.9%を獲得しており、2位(Eee Pad Transformer TF101=26.4%)以下を大きく引き離す結果となっている。

   「ICONIA TAB A500」は3万9800円という手ごろな価格設定と、HD動画およびHDゲームのプリインストールにより、買ってからすぐに遊べる点が好評を博している。日本エイサーでは、「7月のタブレット端末機種別販売数量シェアで『ICONIA TAB A500』がiPad2を上回って1位になった主な要因として、性能・機能に妥協せず普及を意識した価格設定で提供させていただいている点がとくにエンドユーザーに受け入れられたのではないかと考えます」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中