「まど☆マギ」「青の祓魔師」がモバゲーに登場

印刷
これは楽しみ
これは楽しみ

   ディー・エヌ・エーは、2011年8月下旬からテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のソーシャルゲームの提供を開始する。

   1月からMBSほかで放送されたオリジナルアニメで、従来の「魔法少女もの」の概念を覆すダークなストーリーが大きな話題を呼んだ。ゲーム版は、アニメに登場するキャラクターを育成し、魔女や他ユーザとのバトルをしてストーリーを進めていくソーシャルカード育成ゲームになる。アイテム課金制。

   12日から「Mobage」内で事前登録を受け付け中で、事前登録ユーザーはゲーム内特典が受けられる。スマートフォン端末向けアプリ「Mobage」には10月ごろに対応予定。

   また、同じく8月下旬からは、同じくテレビアニメ「青の祓魔師」のソーシャルゲームも提供する。こちらは、ユーザ自身が祓魔師(エクソシスト)となり、原作アニメのキャラクターや他のユーザと協力しながら悪魔を退治するソーシャルRPG。アイテム課金制。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中