【バンコク発】バンコク行ったら食べてみよう  ミシュランならぬ、緑のどんぶり!?

印刷

   ホテルや有名レストランでのゴージャスディナーもいいけれど、ちょっと軽めに、でも美味しい料理が食べたい! そんな時に便利なのがお店の格付け本や口コミサイト。ミシュランやザガット、食べログのような、便利なタイ版はないの~? でもタイ語は読めません! という方におすすめなのが、緑のどんぶり認定店。 「この店のこの料理はおいしい!」という認定を受けたお店には、可愛らしい緑のどんぶりマークの看板が掲げられているのです。

タイの生きる魯山人!? 緑のどんぶり認定者とは?

緑のどんぶりマークの横には、タナッシーさんのサイン付き
緑のどんぶりマークの横には、タナッシーさんのサイン付き

   緑のどんぶりマークを認定しているのは、タナッシー・サワディットさん。実はこの方、歌手であり、料理研究家であり、王族関係者であるという異色の経歴。自らお店を食べ歩き、自分が美味しいと思った料理に緑のどんぶりマークを認定しています。石油会社のシェルスが、ガスを使った料理を広めるために、タナッシーさんにお願いして40年ほど前に始まったもの。注意したいのは、「この店のこの料理」というように、お店全体を評価しているのではなく、個別の料理を認定しているという点。また、毎年改定しているのではなく、一度認定したらそのまま認定しっぱなしという大らかさ。しかも、タナッシーさんはかなりの高齢のため、この制度自体、現在は更新されていません・・・。

   とはいえ、おいしい料理に出会える確率がグンと高くなるのは確か。認定料理はタイ全域に1000以上あると言われているほど、街なかでもよくこの看板に出くわします。身近なところでは、プラチナム・ファッションモールのフードコートの中にもあります。どこで食べようか迷った時は、お店の看板に注意してみてください。

緑のどんぶりマーク食品は、お土産にも最適!

食材や食品にも緑のどんぶりマークを見つけることができる
食材や食品にも緑のどんぶりマークを見つけることができる

   実はこのマーク、お店の料理だけではなく、食品にも与えられています。

   ロータスやテスコなど、地元のスーパーの食品売り場を見渡してみると、ビーフンやナンプラー、お菓子など、さまざまな食品にこのマークを見つけることができます。よーく観察してみると、他のメーカーの同じ商品よりも若干高い(といっても数十円)ような気もしますが、それは人気がある証拠でしょうか?

   食材の場合、美味しく食べられるかどうかは、調理の腕次第…ということもありますが、値段も手ごろで、ちょっとしたストーリー付き。定番土産に飽きた人へのタイ土産におすすめです。

   次回のバンコク旅行は、緑のどんぶりマークの食材を集めてみてはいかがですか?

美濃羽佐智子

【プロフィル】
美濃羽佐智子(みのわ・さちこ)
出版社の編集を経てフリーの編集・ライターに。旅・フード・ファッションをフィールドに活動する。現在はタイと日本を往復しながら、タイの面白いこと、美味しいことをさまざまなメディアに寄稿中。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中