外国人コスプレイヤーも東北応援 伊達政宗に「カッコイイ!」

印刷
仙台市役所で、伊達武将隊の面々と記念写真パチリ(仙台市提供)
仙台市役所で、伊達武将隊の面々と記念写真パチリ(仙台市提供)

   外国人コスプレイヤーの男女6人が2011年8月10日~11日、宮城県仙台市、福島県会津若松市を歴訪し、アニメ「マクロスF」、「ロードス島戦記」などのキャラクター姿で東北へのエールを届けた。

   今回東北を訪れたのは、8月5日~8日にかけ名古屋市などで開催された、「世界コスプレサミット2011」に参加したスペイン、イタリア、デンマーク代表の6人。「コスプレサミット」に携わっている外務省が、震災による外国人観光客減少に悩む東北を応援しようと企画した。

   一行は仙台、会津若松をめぐり、地元コスプレイヤーとの交流や、着物や抹茶などの伝統文化体験を満喫。8日に就任したばかりの室井照平・会津若松市長への表敬訪問も行った。

   仙台市役所では、武者姿で仙台のPRを行っている「伊達武将隊」とサプライズ会見。鎧兜(よろいかぶと)を身にまとった武将隊のパフォーマンスに、コスプレイヤーたちも「カッコイイ!」と大喜びだったという。

   一行を迎えた仙台市の国際プロモーション課では、

「コスプレイヤーの皆さんは『被災地のために何かしたい』『この目で見た被災地の様子を世界に発信したい』という意識が大変高く、驚くとともに大変うれしく思いました。伊達武将隊とは政宗の『陣羽織』を着せてもらうなど、楽しそうに交流されていましたよ」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中