「図」が書ければ相手に理解させたも同然 その真意とは?

印刷
『サルでもわかる 図解する考え方』
『サルでもわかる 図解する考え方』

   昔に比べ、テレビのニュース番組や書籍などで「図解」する場面は明らかに増えているが、図を用いることで理解しやすくなったことは間違いないだろう。そうしたなか、2011年4月末に新刊本『サルでもわかる 図解する考え方』(こう書房、著・佐藤雄祐)が発売された。この本は、図解の入門書として、どのような場面で、どのような図を使っていけばいいのかにフォーカス。きれいな図を描くことや真新しい図の開発を求めるものではなく、普段、さまざまな場面で目にする図解を、自分が使い際にはどうしたらいいか意識することを重視し、また、図を強力な武器として使いこなせるようになることを目指したものだ。

   著者の佐藤氏は、「図解というのは『書く前に描く』こと、そのものだと思います。図を描くことができれば、相手へ伝えることに成功したのも同然です」と記している。

   単行本(ソフトカバー)、216ページ。定価1470円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中