2018年 7月 22日 (日)

「遺品」が語りかける命の尊さ、家族の絆

印刷
『遺品 あなたを失った代わりに』
『遺品 あなたを失った代わりに』

   晶文社は2011年8月2日、新刊本『遺品 あなたを失った代わりに』(著・柳原三佳)を発売した。

   大切な人が愛用していた品は、その人が亡くなった瞬間に「遺品」と呼ばれる思い出の品と化す。さまざまなエピソードをその内側に包み込んだ「遺品」は、残された者たちに、生前の元気な姿を浮かび上がらせると同時に、生涯消えることのない悲しみを突きつけるのだ。

   著者の柳原さんは、交通事故や司法問題を中心に取材を続けるジャーナリスト。事故被害者の取材を続けるなか、"不慮の死"によって亡くなった人たちの「遺品」にかけがえのないストーリーがあることを知り、18の短編にまとめた。

   「遺品」は、手作りのぎょうざだったり、古くなったパジャマだったりする。

   命の尊さ、親子・夫婦の絆、そして生きていくうえで本当に大切なものとは何かを教えてくれる一冊だ。

   単行本、127ページ。定価1470円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中