ランナーよろこぶ「特典充実」 帝国ホテル大阪の宿泊プラン

印刷

   帝国ホテル大阪は2011年9月1日~2012年3月31日、ホテルの周囲で気軽にランニングを楽しめるユニークな宿泊プラン「ランニング&ステイプラン」を発売する(年末年始をのぞく)。料金は1泊朝食付きで、1室2人が2万4000円、1室3人が3万円。

市民マラソンの「第1回大会」次々開催

ホテルの周囲で気軽にランニング
ホテルの周囲で気軽にランニング

   ランニングプランが企画されたきっかけは、関西近辺で、大阪マラソン(10月30日)、神戸マラソン(11月20日)、京都マラソン(2012年3月11日)といった大規模な市民マラソンの「第1回大会」開催が続くなど、マラソン熱が高まっていることから。帝国ホテル大阪は、桜並木が続く大川に面し、近くには大阪城公園が位置する自然豊かな場所。大阪城の周辺は、東京でいう皇居周辺のようなランニングスポットで、帝国ホテル大阪でも後述するランニングマップを作成し各部屋に置いている。

   新プランでは、大川側に面し緑豊かな風景を楽しめる「スーペリアルーム」に宿泊できるうえ、特典が充実しており、旅行のついででもランニングを気軽に楽しめる。

シューズ&ウエアレンタル、マッサージが無料

   特典のひとつは、ミズノ社製ランニングシューズ「ミズノ WAVE INSPIRE」や、吸汗速乾性に優れるウェアの無料レンタル。シューズは、前足部がしなやかに屈折する構造を持ち、初心者からベテランランナーまで人気がある。もうひとつは、ホテル地下1階にある「ヘアサロン大野」で30分の無料マッサージが受けられるというもの。温かいタオルで首と肩をあたためてコリをほぐしてくれる「首と肩のHOTマッサージ」か、歩き疲れた足のムクミを改称する足つぼマッサージ「フットプッシュ」かのどちらか好きな方を選べる。

ホテル周辺に「造幣局コース」など3コース

   帝国ホテル大阪の各室にある「ジョギングマップ」には3つのコースが記されており、日本で最初の本格的な洋風建築・泉布観(せんぷかん)や赤レンガ造りの造幣局を見て回れる「造幣局コース」(約3km、20分)、桜宮橋をくぐり川崎橋をぬけて大阪城公園内へ向かう「大阪城周辺コース」(約8km、50分)、大川沿いを北上し歌人・与謝蕪村の生誕地・毛馬を目指す「毛馬桜之宮コース」(約10km、60分)がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中