2018年 7月 17日 (火)

最小限の努力で最大限の効果 世界的ベストセラーに新版

印刷

   24カ国語に翻訳され、世界的ベストセラーとなった「80対20の法則」の新版が2011年7月22日、阪急コミュニケーションズから発売され、話題になっている。

結果の80%は原因の20%から生じる

「新版 80対20の法則」
「新版 80対20の法則」

   前作はイタリアの経済学者パレートが発見したとされる「80対20の法則」を、ビジネスあるいは人生に当てはめる方法を指南した1冊。「80対20の法則」とは、結果の80%は原因の20%から生じるというもので、著者は、「万物の大半はほとんど価値がなく、ほとんど成果を生まない。少数のものだけが非常に役立ち、大きな影響力をもつ」と断言。インプットとアウトプットの関係には必ず不均衡が伴うことを発見した「パレートの法則」をビジネスや人生に応用し、成功を導くための手引きとして注目された。

「80対20の法則」がもつ二面性を考察

   今回の新版では、序文のほか、読者の反応に応える章を追加し、「80対20の法則」がもつ二面性を考察する。

   単行本、400ページ。定価1680円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中