2018年 5月 25日 (金)

ミサイル打てる赤外線操作ヘリコプター

印刷
小型で精巧なつくり
小型で精巧なつくり

   バンダイナムコグループのシー・シー・ピーは赤外線コントロールのヘリコプター「HoneyBee(ハニービー)」シリーズから、ミサイル発射機能のついた「ガトリングエース」を2011年9月下旬に発売する。

   6発の「ミサイル」を搭載可能で、フライト操作中であれば単発・連射のどちらでも発射できる。安全性を考慮してミサイルの先端は丸みを帯びた形状となっており、発射時にはミサイルランプが点灯する。本体は3chコントロールで基本アクションは上昇・下降・左右回転・前進、ホバリングも可能。操作距離は室内約5メートル。本体をコントローラーに接続して約30分間充電すると約5分間の連続飛行が楽しめる。

   また、得点表示のついたターゲット、組み立て式ペーパークラフトのターゲット3種類、スペアのミサイル6本が付属する。

   本体サイズは約20センチで価格は5229円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中