2018年 7月 19日 (木)

バーチャル「お月見」で粋なデート、日本科学未来館で

印刷
写真は、夜のGeo-Cosmos
写真は、夜のGeo-Cosmos

   日本科学未来館は、「中秋の名月 未来館でお月見!2011」を2011年9月10日から9月12日まで開催する。

   9月12日の中秋の名月に合わせ、有機ELを用いた世界初の球体ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に月周回衛星「かぐや」が捉えた月の表面データを映し出すイベント。今回は9月10日と9月11日に夜間の特別開館を行い、通常開館時には見ることのできない夜の暗闇に浮かぶ「ジオ・コスモス」の姿を、天気がよければ本物の月とともに楽しめる。また当日は、先日急逝した音楽家レイ・ハラカミ氏が楽曲を手がけたプラネタリウム作品「暗やみの色」を特別上映する(先着400人)。

   入館料は大人600円、18歳以下200円。夜間の特別開館は大人1300円、18歳以下500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中