気鋭画家「諏訪敦」、J-CAST動画番組で語る「魂の入れ方」

印刷
「諏訪敦絵画作品集 どうせなにもみえない」
「諏訪敦絵画作品集 どうせなにもみえない」

   「諏訪敦」という画家をご存じだろうか。2011年6月26日のNHK「日曜美術館」(Eテレ)でも紹介され、一段と注目度を高めたリアリズム界気鋭の画家だ。その諏訪氏にとって2作目の作品集となる「諏訪敦絵画作品集 どうせなにもみえない」(求龍堂、定価3990円)が2011年8月2日に発売され、話題を呼んでいる。

数年かけて制作も

   諏訪氏が取り上げる対象は裸婦などの人物が多いが、作品から鑑賞者が受ける感情には不思議なくらいの「重量感」がある。その理由は、諏訪氏が作品を仕上げるまでのプロセスにあるといっていい。1点に費やす制作期間が数年に及ぶほど丹念に「対象」を取材する。つまり、諏訪氏は視覚から得る情報に絶対的な信頼を置かず、自らが独自に得た情報やイメージを重要視し、作品に反映させているのだ。

2日に「J-CAST THE FRIDAY」出演

   そんな諏訪氏が、2011年9月2日12時半から放送の動画番組「J-CAST THE FRIDAY」(http://www.ustream.tv/channel/j-cast-the-friday、ニコニコ生放送http://ch.nicovideo.jp/channel/j-cast-the-fridayでも同時配信)に生出演し、作品づくりに対する自身の思いを語る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中