東北で「桑田佳祐ライブ」、パブリックビューイングも

印刷

   東日本大震災から半年となる2011年9月10~11日、宮城 セキスイハイムスーパーアリーナで、桑田佳祐さんのチャリティーライブ「宮城ライブ~明日へのマーチ!!~」が開催される。このライブでは、東北エリア在住者限定のパブリックビューイングも行われる。

パブリックビューイングの申し込み受け付け中

   桑田さんは、震災後いち早く所属事務所アミューズの先頭に立って、「チーム・アミューズ!!」としてスペシャル・チャリティーソング「Let's try again」をリリース。また、レギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」を仙台のDATE FMから生放送するなど、積極的な取り組みをして来た。

   チケットは既に完売となっているが、多くの東北の方に見てほしいと検討を重ね、東北エリア在住者から抽選でパブリックビューイングに招待することを決定した。

   場所は、

宮城県「ワーナー・マイカル・シネマズ 名取エアリ」
福島県「ワーナー・マイカル・シネマズ 福島」
岩手県「ワーナー・マイカル・シネマズ 北上」

の3館。参加申し込み受付期間は、9月3日13:00~9月5日23:59まで。詳細は案内ページ(http://l-tike.com/pv-kuwatamiyagi/top)より。

会場は遺体安置所だったことも

   ライブの特設サイトで桑田さんは、

「未曾有の震災を前にして、"音楽"にどれほどの力があるのか悩んだ時もありました。けれど、自分に出来ることはやっぱり音楽しかありません」

とライブの動機を説明しており、食道ガンで休養していたとき、ファンの声援に勇気づけられた経験も述べながら「恩返しの気持ちを込めて、東北の地に歌を届けたいと思います」

と意気込みをつづっている。

   会場は災害で亡くなった方の遺体安置所として使用されていたという。今回が一般利用再開後、初のライブコンサートになり、そうした背景も踏まえた、鎮魂と前進のライブになりそうだ。利益の一部は、復興支援活動等の資金として、日本赤十字社と地方公共団体に寄付される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中