スマートフォン3G回線スピードでauが首位に

印刷

   MMD研究所は、超高速モバイルデータ通信速度実験調査の第2弾「スマートフォン3G回線に関する地域別実測比較調査」を2011年8月22~29日にかけて実施した。

今後さらにスマートフォンの高速化も

各エリアにおける3G回線速度調査結果一覧
各エリアにおける3G回線速度調査結果一覧

   全国主要都市(計18か所)において行った、au(AQUOS PHONE IS11SH)、docomo(GALAXY SSY-02B)、Softbank(iPhone4)の3G回線接続スピード実測比較調査では、首都圏主要スポットおよび地方の主要都市を含め、ほぼau(AQUOS PHONE IS11SH)の3G回線が最速という結果になった。

   また、参考調査として、WiMAX回線に接続可能なhtc EVO WiMAX ISW11HT(au)を、3G回線と同じ調査地区で実測比較調査を実施したところ、平均して、ダウンロードで5000~6000kbps、アップロードで1500~2000kbpsが計測された。特に、関西地区の調査では、下りの速度が1万4112 kbps/大阪・梅田駅、1万6182kbps/大阪・なんば周辺、と同地区の3G回線のスピードと比べると5倍程度の速度となっている。

   以前に同社が行った、超高速モバイルデータ通信速度実験調査第1弾でも、各社が注力している次世代規格において、現状UQコミュニケーションズのWiMAXがスピードで一歩リードしているようだ。

   今後、各社が秋冬の端末を販売していく中で、WiMAXを搭載したスマートフォンやデザリング機能を備えたスマートフォン端末がより高性能化することは明らかで、さらにスマートフォンのスピードが高速化していくものと思われる。

   今回の調査結果を見ると、auがスピードでは有利に思えるが、今後の各社の動きに注目していきたい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中