人間はかくも懲りない生き物 桐生操が集めたエロスな逸話

印刷

   文藝春秋は、新刊『世界エロス大全 「悦楽」と「偏愛」と「禁断」の園』を2011年9月に発売した。

「性」からわかる人間の「不可解さ」

あなたの「好奇心」満たします
あなたの「好奇心」満たします

   世界中から集めた「性」にまつわるエピソードをつづった一冊で、著者は、「本当は恐ろしいグリム童話」「世界悪女大全」など著書がある作家、桐生操さんだ。桐生さんは前書きで「いつの時代も人間は、最高の快楽を得るために極限の努力と執念と情熱を重ねてきた。この書を読むことによって、人間はかくも不可解なもの、そしてかくも懲りない生き物であるということを、改めて実感して頂ければ幸いである」と述べている。

あの大作家、実はロリコン?

ルイス・キャロルが撮った少女の写真(C)AKG/PPS
ルイス・キャロルが撮った少女の写真(C)AKG/PPS

   同書で紹介されるのは、フランス革命期の伯爵夫人への乳房への拷問や世界初の「奴隷契約書」を書いた大作家マゾッホ、少女ヌード写真に執着した「不思議の国のアリス」の作家ルイス・キャロルなど、実在の人物のエピソードだ。またインパクトのある図版も多数収録し、同書の世界観がよりリアルに伝わる仕様になっている。

   288ページ、文庫判。

   価格は、630円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中