スマフォ戦争、ユーザー満足度は「グロスマ」が圧倒的勝利

印刷

   アイシェアが、20代から50代のスマートフォンユーザー736人を対象に行ったアンケート調査の結果、「グローバルスマートフォン(グロスマ)」と「ガラパゴススマートフォン(ガラスマ)」でのユーザー満足度は「グロスマ」が圧倒的に高いことがわかった。

海外メーカーの「グロスマ」、日本メーカーの「ガラスマ」

満足度では「グロスマ」が圧勝
満足度では「グロスマ」が圧勝

   スマートフォンの普及が急速に進む中、最近の端末は「グロスマ」と「ガラスマ」に二極化されてきている。アップルのiPhoneやHTCのEVO WiMAX、サムスン電子のGALAXYなどは海外メーカー製で、日本独自の機能が付属していない、ガラスマに比べ反応速度が速いなどの特徴があり、また海外で実力が認められた機種が日本市場に参入しているケースも多い「グロスマ」に対し、シャープのAQUOS PHONEや富士通東芝モバイルのREGZA Phoneといった日本メーカーの「ガラスマ」には「ワンセグ」「赤外線通信」「おサイフケータイ」などが付いており多機能、といった特徴があるとされている。

グロスマの満足度64.4%、ガラスマは36.7%

   今回の調査では、実際に使用した満足度について「とても満足している」を100点、「まったく満足していない」を0点として5点刻みで評価してもらった。その結果、「80点以上」の合計はガラスマでは36.7%だったが、グロスマでは64.4%と27.7ポイントも上回っていた。

   またスマートフォン使用後の「ガッカリ度」も評価してもらうと、グロスマユーザーが9.9%、ガラスマユーザーではその2倍以上となる27.0%と高い比率になった。

   今回の満足度やガッカリ度の調査結果からは、現状では「グロスマ」が優位に立っている様子がうかがえる。購入に当たっては自身がどのようにスマフォを利用するか、イメージを明確にした上で「グロスマ」と「ガラスマ」どちらがいいか、選ぶことが求められそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中