タイヤの偏摩耗、「知らない」が4割 ブリヂストン調査

印刷

   ブリヂストンは2011年9月8日、自家用車を所有する男女1000人のドライバーを対象に行った調査で、タイヤの偏摩耗をドライバーの約4割が「知らない」という結果が出た。

タイヤの性能悪化させる要因に

タイヤの偏摩耗を知っていますか?
タイヤの偏摩耗を知っていますか?

   偏摩耗は、タイヤのトレッド(路面と接地面)が道路条件や使用条件などで、部分的に異常に摩耗する現象のことだ。振動や騒音の原因になるだけでなく、タイヤ寿命を短くし、タイヤの性能を悪化させる可能性がある。

   これを防ぐ主な方法は、「タイヤの適正空気圧保持」と「定期的なタイヤの位置交換(ローテーション)」の2つ。同社では、安全啓発の一環で、月に一度のタイヤ空気圧チェック、5000kmを目安とする定期的なローテーションを推奨している。

タイヤの安全に関する情報、ウェブ配信

   ただし、自分の運転するクルマのタイヤ適正空気圧を知らない人は約5割、ローテーションの目安走行距離がわからない人は約4割という結果も出ており、注意が必要だ。クルマの部品のうち唯一路面に接しているタイヤの点検は、安全で快適なカーライフには欠かせないもの。秋の行楽シーズンは目前だが、出かける前のタイヤ点検を忘れないようにしたい。

   なお、ブリジストンでは2011年3月1日に創立80周年を迎える。そこで、一般社団法人日本自転車タイヤ協会(JATMA)などが推進する「タイヤの日」が4月8日であることにあわせ、毎月8日を「ブリジストン タイヤセーフティーの日」と設定。2011年3月から2012年2月まで、タイヤの安全に関する情報を同社のウェブサイトで発信している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中