『ゴルゴ13』が実写映画化? 米制作会社とライセンス契約

印刷

   リイド社(東京・杉並区)は2011年9月12日、漫画『ゴルゴ13』の実写映画化に向けて、米国Davis Films社とライセンス契約を締結したことを発表した。Davis Films社は、「サイレントヒル」や「バイオハザート」など日本のコンテンツを数多く映画化してきた独立系制作会社。

   プロデューサーのサミュエル・ハディダ氏は、今回のライセンス契約にあたり、「我々は、今でも信じられない程、この素晴らしい原作を大きなスクリーンに持ってくるこのチャンスに興奮している。私は長い間、さいとう・たかを氏を最高の劇画作家の1人として尊敬してきた。我々はこれから、彼のスタイルとこの素晴らしいキャラクターを全世界の観客に提供することを楽しみにしている」とコメントを寄せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中