消費電力抑えて使える ハイブリット式加湿器

印刷
「ピコイオンユニット」で、脱臭、花粉やダニの死がいなどの働きを抑制(写真は、「KA‐N70X」)
「ピコイオンユニット」で、脱臭、花粉やダニの死がいなどの働きを抑制(写真は、「KA‐N70X」)

   東芝ホームテクノは、消費電力を抑えながら加湿できるハイブリット式加湿器「KA‐N70X」「KA‐N50X」の2機種を、2011年9月16日に発売する。

水洗いで手入れも簡単

   「KA‐N70X」は、ヒーター式と気化式を組み合わせたハイブリッド式で、1時間に約700ミリリットルのパワフルな加湿が可能。また、ヒーターを入れない送風加湿運転時には、消費電力を抑えることができる。

   「KA‐N70X」「KA‐N50X」のいずれも回転式気化フィルターの素材に、抗菌・防カビ加工を施した丈夫なポリエステル素材なので、水洗いで手入れできる。フィルターの交換の目安は約10年と長持ちだ。気化フィルターは回転式のため、目詰まりしにくいうえ、繊維を立体的に編み込んだ構造のため保水量が多く、効率的に加湿できる。

   また、「ピコイオンユニット」の搭載で、脱臭、花粉やダニの死がいなどの働きを抑制する効果がある。室温にあわせて快適な湿度を保つ「湿度と温度のWセンサー」を搭載し、「抗菌広口タンク」「抗菌タンクキャップ」「抗菌ガラス」などで清潔さに配慮した。

   いずれも、オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中