新生ウォークマン ノイズキャンセリング、Bluetooth機能搭載

印刷
Aシリーズならタッチ操作が可能
Aシリーズならタッチ操作が可能

   ソニーは2011年10月8日、ポータブルオーディオプレイヤー「ウォークマン」の新機種(9機種)を発売する。

   新ウォークマンは全機種で高音質再生を実現したという。周囲の騒音を約98.0%カットする「デジタルノイズキャンセリング機能」を搭載しており、付属のヘッドホンか別売のノイズキャンセリング機能搭載ウォ-クマン専用ヘッドホンを使うと、好きな音楽をクリアな音質で聞ける。また、全機種ともBluetooth機能を搭載しており、ドックスピーカーなど対応機器とワイヤレス接続すれば、家の中でも音楽を楽しめる。

   ラインアップは、フルデジタルアンプ「S-Master MX」などの高音質技術で「史上最高音質」をうたう「NW-A860シリーズ」、高音質再生で豊富なカラーバリエーションがある「NW-S760シリーズ」、専用スピーカー付属の「NW-S760Kシリーズ」、Bluetoothヘッドホンが付属する「NW-S760BTシリーズ」。Aシリーズには2.8型ワイドTFT液晶ディスプレイを搭載しており、タッチ操作できるのが特長だ。いずれもオープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中