アニメ「あの花」記念乗車券 急げ!5000セット限定

印刷

   西武鉄道は2011年9月23日、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の記念乗車券を、西武秩父駅で販売する。

秩父が「聖地巡礼」の地に

 (C)ANOHANA PROJECT
(C)ANOHANA PROJECT

   「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は2011年4月~6月、フジテレビ系ノイタミナ枠(24時45分~25時45分)で放送されたオリジナルアニメだ。死んだはずの幼馴染の少女「めんま」が、主人公の前に突然現れたことをきっかけにバラバラだった幼少時の友人達が結集。思春期特有の複雑な感情がぶつかりあう青春ストーリーが描かれている。

   埼玉県秩父が舞台設定のモデルで、作品の中には実在する風景や建物がたびたび登場することから、アニメのロケ地を訪れる「聖地巡礼」を楽しむファンが増えているという。

「超平和バスターズ」の秘密基地をデザイン

(C)ANOHANA PROJECT
(C)ANOHANA PROJECT

   記念乗車券のセットは、作品中で主人公ら6人が結成した「超平和バスターズ」の秘密基地をデザインした。キャラクターが描かれた硬券6枚が二つ折りのオリジナル台紙にセットされ、専用封筒に封入した。また、登場人物である「めんま」のブックマークが付属する。

   価格は1500円。5000セットの販売で一人につき5セットまで購入可能。なくなり次第販売終了となる。乗車券の有効期限は2011年12月31日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中