コスプレは「個人芸能界」 AKB、モーニング娘。程度のお嬢様レベルでは難しい

印刷

   コスプレは「個人芸能界」とも言われている。コスプレイヤーはタレントで言えば芸名になるコスプレネーム(CN)を持つ。衣装を自分で作り、自分で小道具、大道具を作り、自分でヘアメークをして、自分でポージングを考えて、最後に作品として写真に残す。この写真を自分のブログに掲載してコスプレサイトに写真を投稿して、自分のコスプレを作品として表現をする。

公務員、銀行員などの固い職業のOLも

セクシーに決めた!
セクシーに決めた!

   これだけのことを行うには、バカではできない。少なくともAKB、モーニング娘。程度のお嬢様レベルでは難しい。コスプレイヤーに高学歴の女性が多い所以でもある。そこでコスプレイヤーの学歴を調べてみた。目立つのは国立大学出身者で、しかも理工学部が目立つ。物を作り、パソコンを使いまわし、コスプレイヤーに発信するにはかなりの頭脳が必要である。

   そして公務員、銀行員などの固い職業のOLも多い。「本当はタレントやアナウンサーになりたかった。しかし親の反対や試験も難しさからなれないケースが多い。OLになってから開放されたようにコスプレイヤーになるケースが多い。そして声優も多く、さらにフリーターがコスプレに熱中しているケースも多い。

名刺持たないコスプレイヤーはいない

   コスプレイヤーは一人で行動することはまずない。何人かのグループを組んでひとつの作品を写真で残す。するとどうしてもグループを組むことになる。そのグループもパソコンからネットを通じて「薄桜鬼を○月×日に日光江戸村でコスプレをしませんか」と仲間を募る。したがって現場ではじめて会うケースも珍しくない。

   初めてあったとき出すのがCNを書き込んだ名刺。今では名刺持たないコスプレイヤーはいない。

↑画像をクリックすると拡大します。

【プロフィール】肥留間正明(ひるま・まさあき) 埼玉県生まれ、日本大学法学部卒業。作家、芸能評論家、ジャーナリスト、㈱音羽出版社経営。女性自身(光文社)記者として記者生活のスタート、週刊宝石(光文社)、 FLASH(光文社)創刊を担当、“巨乳”という造語を作る。エンターテインメント、歴史ドキュメントを中心に執筆、出版活動を本格的に開始。〈テレビ出演〉『やじうまワイド』(テレビ朝日)、『アッコにおまかせ』(TBS)、『ワイドスクランブル』(テレビ朝日)ほか。〈著作物〉『勝新 役者バカ一代』(音羽出版)、『がんと闘ったスターたち』(テレビ朝日)、『ウオンビン 江原道から』(鹿砦社)、『チャン・ドンゴン~ソウルの空から』(音羽出版) 『オレンジレンジ~コザからのメッセージ』(音羽出版)、『龍馬と海』(上・脱藩編)/『龍馬と海』(下・亀山社中編)その他多数

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中