悔やまれる「日米の敵対」 GHQ参謀ウィロビー回顧録

印刷

   山川出版社は2011年7月、新刊本『GHQ知られざる諜報戦 新版・ウィロビー回顧録』(著C・A・ウィロビー、延禎、編・平塚柾緒)を発売し、好評を博している。本書は、1973年に出版された『知られざる日本占領 ウィロビー回顧録』(番町書房)に、編者が修正・加筆し、写真図版などを新たに加え、改題したものだ。

マッカーサー将軍の右腕

『GHQ知られざる諜報戦 新版・ウィロビー回顧録』
『GHQ知られざる諜報戦 新版・ウィロビー回顧録』

   C・A・ウィロビーが連合国最高司令官、ダグラス・マッカーサー将軍の右腕として活躍したことはいまさら言うまでもないだろう。日本降伏後はGHQ参謀第2部(G2)部長として、戦後日本の進路に多大な影響を与えた。同時に、極端な反共主義者としても知られ、占領期のレッドパージが激化したのも、ウィロビーの影響があったともいわれる。

「ゾルゲ事件」とは何だったのか

   本書は、連合国による日本占領時代および朝鮮戦争(1950年)当時のことが中心に書かれている。ウィロビー氏当人のことはそれほど記述がなく、「マッカーサー」や「ゾルゲ事件」「ソ連による捕虜洗脳教育」「朝鮮戦争」といった重大な事象を、ウィロビー氏が冷静沈着な目でみつめ、分析を加えた、世界史上においても貴重な報告書であると言えるだろう。

   ウィロビー氏は生前、こう語っていたという。

「惜しまれることは、ただ米国と日本がお互い敵同士であらねばならなかったことである」

   単行本、345ページ。定価1890円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中