2018年 7月 17日 (火)

低周波と超短波で身体のコンディション調整

印刷

   フジ医療器は、「低周波」と「超短波」の2つの機能を1台に搭載した家庭用治療器「ヘルスウェーブII SW‐400」を、2011年9月20日に発売した。

治療目的別に5つのプログラム

「ヘルスウェーブII SW‐400」
「ヘルスウェーブII SW‐400」

   健康のために大切な「栄養バランスの良い食生活」「適度な運動」「十分な休養」の3つの要素をバックアップすることが可能な「超短波」と「低周波」を1台に搭載。家庭で、1日の終わりや休日のちょっとした時間に、気になる身体のコンディションを整えることができる。

   超短波は、身体の奥深くから快い温熱感が伝わり、内臓や関節、筋肉の奥深くまで加温することが可能。服を着たまま身体を温められるので、血行を改善し、コリや痛みの緩解や胃腸の働きを活発にしてくれる。低周波は、周波数の低い電流刺激で手足の神経や筋肉に働きかけることで、マッサージのような作用でコリなどをやわらげ、血行を促進する。また、働きの悪くなった筋肉を動かす作用もあり、筋肉をやさしくほぐし、疲労を回復させる。

   治療目的にあわせた5つのプログラムがある。

   希望小売価格は、29万8000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中