2018年 7月 18日 (水)

ゲーム感覚で「英語耳」に ネイティブも驚くリスニングアプリ

印刷

   三修社は、ゲーム感覚でリスニング力を鍛えられるiPhoneアプリ「『英語の耳』になる!」を2011年9月22日に発売した。

簡単な単語でも聞き取れない・・・

ちぇけらっ!
ちぇけらっ!

   中学レベルの簡単な単語の組み合わせなのに、ネイティブが話すと全然聞き取れないなんて経験はないだろうか。これは、音声が脱落したり、繋がったり、混じり合ったりする、ネイティブ独特の発音のせいなのだそうだ。

   「『英語の耳』になる!」は、こうした英語の音の変化を徹底的に解説したもの。CD付きの書籍版として発行されていたが、今回、iPhone版も発売されることになった。

アプリならではの効率の良さ

   アプリならではの特徴として挙げられるのが、苦手な音声変化を自動判定する「スコア」機能。「聴き取り○×クイズ」の成績を分析し、苦手な問題や未出題の問題などをバランスよく出題するようにプログラムされているので、解けば解くほど効率の良い学習ができるようになる。

   価格は通常900円だが、10月31日まで350円で販売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中