震災を機に増える 「ストイック・ビューティ」ムダをなくして美しく

印刷

    東日本大震災を機に、ライフスタイル全般を見直す女性が増えているという。そのキーワードとなるのが、「ストイック・ビューティ(STOIC BEAUTY)」だ。

「必要なものだけを買うようになった」7割

震災後、「今を大切に生きたい」と思う人が増えている
震災後、「今を大切に生きたい」と思う人が増えている

   ファンケルでは2011年8月、25~39歳の女性300人を対象とした「生活意識に関する調査レポート」を発表した。これによると、「震災前と後で生活や価値観が変化した」と答えた人は、実に64%。「今を大切に生きたいと思った」(86%)、「毎日の生活を丁寧に過ごしていこうと思った」(74%)といった答えが目立っている。

   具体的な行動としては「情報をうのみにせず、情報源を確認するなど、自分で判断するようになった」が78%、「今の自分に本当に必要かを考えて買う」が68%と上位に。安易に情報に流されず、自分にとって必要なものを真剣に見極めようとする女性像が浮かび上がる。また66%の女性は今後、「肌につけるものや食べ物などは、余計なものが入っていないものを選びたい」と回答した。

鍼灸や料理教室、ウェブの展開も

   こうした「無駄を排除し、本当に必要なものだけで生きる」、新しい女性のスタイルを指す言葉が「ストイック・ビューティ」だ。WEBサイト「HOTEL STOIC BEAUTY」(http://www.hotel-stoicbeauty.com/)も登場し、このようなライフスタイルを提唱している。

   この変化には巷でも注目が集まっており、たとえば女性限定鍼灸サロン「カリスタ」や、マクロビオティック料理教室の「エムズオーガニッククッキングスタジオ」では9月末から、「ストイック・ビューティになる」ことを目指したコースを展開する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中