「芸術がなければ自殺していた」草間彌生 衰えぬ制作意欲と世界が注目する理由

印刷

   阪急コミュニケーションズは、いま世界中から注目されているアーティスト・草間彌生さんの魅力に迫る新刊本『ペンブックス14 やっぱり好きだ! 草間彌生。』(著・ペン編集部)を、2011年7月15日に発売した。

1957年に単身渡米

『ペンブックス14 やっぱり好きだ! 草間彌生。』
『ペンブックス14 やっぱり好きだ! 草間彌生。』
「草間彌生は間違いなく世界的な立体造形作家の1人で、作品自体の存在感が圧倒的に強い。スタイルは変幻自在でありながら、何十年も変わらぬパワーを保ち続ける、現代美術界でも希少なアーティストですね」

   こう話すのは、英国人コレクターのデイビッド・ギルさんだ。草間さんは1957年に単身渡米、60年代のニューヨークでめざましい活躍を見せた。その後、日本に帰国してからしばらく不遇の時代があったものの、90年代に入って「復活」。以降についてはおう言うまでもないだろう。

「新しい世界と新しい思想をつくっていく」

   本書では、あのピカソとも並び称される天才の軌跡を余すところなく紹介。日本初公開の新作も多数収録している。また、前出のギルさんをはじめ、多くのコレクターや坂本龍一さんら草間さんゆかりの人物が、それぞれの草間評やエピソードを語る。

   「芸術がなければ自殺していた」という草間さんは、「死が近づいてきて着陸態勢に入ってきているわけですよ。私も追い込みになっているから、熱狂的に作品をつくっているわけですよ。(中略)これからは日本で誰もやってないような新しい世界と新しい思想をつくっていくつもりなんですよ」

   このパワーには脱帽するしかない。

   単行本(ソフトカバー)、176ページ。定価1890円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中